利用規約

本サービスをご利用の際、 以下の「利用規約」に同意していただいたものとさせていただきます。

第 1 条(「ママれん!メール」の定義)

「ママれん!メール」(以下、「ママれん!」という)は株式会社ビズウインド(以下 「甲」という)が運営する本ウェブサイト及びこれに関連するシステムです。 本システムには、携帯で使用する部分、PCで使用する部分が含まれ、オプションとして甲が提供する一切のサービスも含まれるものとします(以下、総称して「本サービス」という)。

第 2 条(本サービスの成立及び契約期間)

当社は、次の場合を除き、お客様等の個人情報を第三者に開示または提供しません。ただし、個人番号に係る情報は、本人同意があっても主管法令等で定める目的以外でも提供は致しません。

  1. 利用者(以下 乙という)が、甲に対し甲指定の申込書により申込みをし、甲の審査を受け、甲が受諾した場合に甲乙間に本サービス利用契約が成立するものとします。
  2. 本サービスの利用期間は契約成立の日から別途甲乙で定めるものとします。なお、利用期間満了日の1 ヶ月前までにいずれの当事者からも何らの意思表示がない場合、同一条件で当初利用期間と同じ期間延⾧されるものとし、その後も同様とします。

第 3 条(サービスの利用開始)

乙は、本サービスを利用するにあたり、その使用料を、毎月前月末日までに甲の指定口座に支払わなければいけません。但し、別途定めた料金表の規定により、半年払い、年払いの場合は、そのサービスが開始される、または翌年度開始の 1 ヶ月前迄にお支払いください。 なお、振込に要する費用は乙の負担とします。

第 4 条(サービスの利用終了)

乙は、甲のサービスを利用終了する場合、終了する日の1ヵ月前までに甲に申し出なければなりません。 また、この時点で、既に甲に対して支払済である利用料においては返金されません。

第 5 条(甲によるサービスの利用停止)

甲は、「ママれん!」のより良い運営のため、随時バージョンアップ等を行ってまいります。その作業のため、甲は乙に対し告知の上、乙の負担のない時間帯を選び、作業を行います。その場合、乙は一時的にサービスが利用出来なくなる場合がある事を承諾します。 甲は、乙の事由によりサービスの提供が甲又は乙に不利益を与えると判断した場合、甲は、乙の事情によらずサービスの提供を中止する場合があります。この場合、乙に特段の事由のない限り、甲は乙に対して、残りの利用可能日数に対して、日割り計算し、振込手数料を差し引いて返還致します。

第 6 条(情報の取り扱いについて)

甲は、乙からいただいた個人情報についての取り扱いについて、個人情報保護法の規定及び下記に基づいて大切に保管することとします。但し、甲の故意又は重過失のない情報漏えいに基づく乙の損害回復については、甲は乙の損害回復に必要な措置を合理的な範囲内で講ずるものとします。

(1) 甲が乙から頂いた施設情報

    • 甲の判断に基づき、乙の個別の許可によらず、その情報を甲の運営するホームページや、「ママれん!」の普及等の為にその他の媒体に提供を行う場合があります。

(2) 乙の「ママれん!」メール運用情報

    • 甲の円滑なる保守運営及びサービス向上の為、乙が利用する「ママれん!」の利用情報を適宜、確認・活用できるものとします。

(3) 乙の「ママれん!」利用統計情報

  • 甲は、「ママれん!」の協賛企業に対して、「ママれん!」の利用履歴及びその統計データの一部を提供する事があります。但し、本情報において、個人を特定する情報(個人情報)は含めないものとします。

第 7 条(システム障害等について)

甲は提供するサービスの内容について、故意又は重過失のないシステムの障害・プログラムの瑕疵により、乙に被害を生じた場合、甲にその責務は無きものとします。

第 8 条(禁止事項)

乙は、以下の行為をすることは出来ないものとします。

  • 虚偽の情報を登録し、提供する行為。
  • 第三者の著作権、商標権、プライバシー権、肖像権等すべての法的権利を侵害する行為。
  • 個人や団体を誹謗中傷する行為。
  • 法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。
  • 「ママれん!」で得た情報を利用しての営利を目的とした情報提供等の行為。
  • 「ママれん!」の運営の妨げとなる一切の行為。

第 9 条(広告掲載について)

甲は、本サービスに甲に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

第 10 条(本サービス利用契約の解除)

甲は、乙が次の各号のいずれか一つに該当したときは、何らの通知、催告を要せず、直ちに本サービス利用契約を解除することができるものとする。

  1. 本規約に定める条項に違反し、甲が催告したにもかかわらず 14 日以内に当該違反が是正されないとき
  2. 支払停止若しくは支払不能の状態に陥ったとき、又は手形若しくは小切手が不渡りとなったとき
  3. 第三者より差押え、仮差押え、仮処分若しくは競売の申立て、又は公租公課の滞納処分を受けたとき
  4. 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始の申立てを受け、又は自ら申立てを行ったとき
  5. 資産又は信用状態に重大な変化が生じ本サービスの使用料を支払うことが困難になるおそれがあると認められるとき
  6. その他、前各号に準じる事由が生じたとき

第 11 条(損害賠償)

乙は、本規約に違反し、甲に損害を与えた場合は、甲に対しその損害を賠償しなければならない。

第 12 条(利用規約の変更について)

甲が必要と判断した場合には、お客様にあらかじめ通知することなくいつでも本利用規約を変更することができるものとします。ただし、ご利用いただいているお客様に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

第 13 条(著作権)

「ママれん!」のレイアウト、デザインおよび構造に関する著作権は甲に帰属します。 「ママれん!」のサイトや機能及びアイデアを WEB サイトで反映することを禁止します。

第 14 条(第三者のサービス)

メール配信機能については別紙の規約が本利用規約の一部として適用されます。

第 15 条(準拠法及び裁判管轄)

甲と乙との関係につきましては、日本国法が適用されるものとします。 万一、訴訟の必要が生じた場合 には、 東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

以上

平成 29 年 8 月 7 日 ママれん!メール規約

株式会社ビズウインド ママれん!メールサポートセンター

ママれん!メール利用規約(第 14 条) 別紙

甲は、次の条件を含むママれん!メール利用規約を定め、乙に次の条件を遵守させるものとする。 以下の文書で参照する第三提供者には、株式会社構造計画研究所 および SendGrid 社が含まれ、第三者サービスには 株式会社構造計画研究所 または SendGrid 社が提供するサービスが含まれるものとする。

1.第三者のサービス

「本契約に基づいて 乙へ提供されるサービスには、甲にサービスを提供する第三者(以下「第三提供者」という。) により開発、提供および維持をされているサービスを含む。乙が、甲の提供するこれらのサービス(以下「第三者サービス」という。)にアクセスまたは使用する場合には、当該第三者サービスに関する利用約款及びプライバシーポリシーに合意しなければならない(これらを併せて以下「第三者サービス利用約款等」という。)。第三者サービスには、本契約の条項が適用されることに加え、全ての第三者サービス利用約款等の条項が随時適用される。本契約で定められていない限り、本契約の条項と第三者サービス利用約款等の条項に齟齬が生じた場合、第三者サービス利用約款等の条項が優先的に適用される。各第三提供者は、第三者サービスおよび第三者サービスを提供する為のソフトウェア、ハードウェア、テクノロジーおよびそれらに対する追加項目、改正、更新や変更に対する全ての権利を保持する。第三提供者は、第三提供者による第三者サービスを提供する限り、本契約上規定されている利益を受けることができ、乙が本契約の条項に違反した場合、本契約上の権利を行使することができる。

2.保証

乙は、以下の項目に関し表明、保証、誓約する。

  1. 乙は本契約を締結する法的権利と地位を有する。
  2. 乙は、本契約に基づく義務を履行し、本契約およ び、本契約に基づき提供されるサービスに関連し 乙が適時別途に締結する契約に記述されている権利や資格を許諾する法的権利と地位を有する。
  3. 本契約に基づいて提供されるサービスに関連して、乙によって提供される データ、情報、その他のコンテンツ(以下総称して「コンテンツ」という。) はすべて 本契約条項に従う。
  4. 本乙は本契約の条項に従い、本契約に基づいて提供されるサービスを使用する。

3.保証免責

本契約に基づいて提供されるサービスに関する唯一の保証は、本契約に基づいて 甲により 乙に提供されると明示された保証に限られる。全ての第三者サービス は第三提供者による「現状有姿」および「利用可能な場合」に厳格に限定して提供されており、第三者サービスについては明示、黙示にかかわらず、また適法か否かにか かわらず、黙示商品適合性に関する保証、特定目的に適合する保証、権原保証、第三者 に対する権利侵害を含むいかなる表明および保証を含まない。口頭、または書面による甲による情報提供および助言については、なんら第三提供者の代理として、保証を生じさせるものではない。

4.補償

乙は 甲、第三提供者、第三提供者の関係者、被用者、代理人、契約の相手方、譲受人、使用許諾人、承継人(以下、総称して「被補償者」いう。)に対し、免責補償することに同意する。かかる免責補償は、乙が本契約に基づいて提供されるサービスへのアスセスまたは使用から起因した場合、および本契約の違反の有無にかかわらず、かかるサービスにおいて電子メールまたはその他の交信手段(第三者サー ビスによる場合を含む。)により生成され送付された内容に起因する場合、すべての損害および費用 (弁護士費用、裁判費用、損害賠償金、和解金を含む)が対象となる。

5.賠償責任の制限

乙は、本契約に基づいて提供されるサービスは 甲のみが、責任を負うことに同意する。第三提供者は一切本契約に基づき提供されたサービス(第三者サービス を含む。)について責任を負わない。かかる甲の限定された責任には、本契約または第三者サービスに関して生じた、第三者サービスが利用できないことから発生する機会損失、商業に関して生じる機会損失、一切の取引上の損失または逸失利益を含む、いかなる間接的、偶発的、特別、懲戒、または懲罰的損害について、契約責任、厳格責任または不法行為責任(過失いかんを問わない。)かを問わず、かりに甲が、データの逸失、機会逸失、売上げまたは利益の損失、業務中断および代替商品やサービスの調達等を含む、かかる損害発生の可能性を事前に認識していたとしても、本条の責任の制限が適用される。本条における損害の制限が適用法によって許されない場合には、該当する法律によって許される最大限の免責範囲が適用されるものとする。

6.機密保持

甲と第三提供者は本契約によるサービスの使用、運用に関連するデータ、情報を収集、抜粋、編集、統合および分析する権利を有する(以下「サービスデータ」とい う。)。甲や第三提供者によって収集されたサービスデータは収集した者が保有し、本契約に基づきサービスが提供される時点で存在する個人情報保護方針の対象となる乙への報告義務なしに、合法的なビジネス目的のために使用されることがある。乙は、本契約に基づいて提供されるサービスに適用される個人情報保護方針または本契約に記載されている、個人を特定しうるデータ、その他の情報の使用と開示について承諾する。(以下総称して「プライバシーポリシー」という。)

7.コンテンツ

乙は、コンテンツに関して責任を負う。乙は、以下のコンテンツを提供すること、第三者に提供を許可すること、以下のコンテンツの提供を目的として本契約に基づいて提供されているサービスを使用することおよび第三者への使用許諾をすることはできない。

  • 第三者の知的財産権の侵害、不正使用、およびいかなる侵害行為
  • 名誉毀損、未成年者に有害な内容、わいせつ、または児童ポルノを含む場合
  • サービスに支障を与えるようなウイルスまたはプログラミングルーチンを含んでいる場合、またはデ ータや情報を不正に傍受または収集している場合
  • 情報が虚偽、誤情報、または不正確である場合甲および第三提供者は、コンテンツのいかなる削除、訂正、破棄、損害、損失、ま たは保存、またはバックアップの失敗についての責任を負わない。甲および第三提供者は、コンテンツに関する違反行為があった場合には是正措置をとることができるが、甲および第三提供者はコンテンツの正確さや潜在的責任について審査をする義務を負わない。

8.使用許諾

乙は、本契約に基づいて 甲および第三提供者がサービスを提供するために必要なすべてのコンテンツに関する権利及びライセンスを、甲と第三提供者に許諾する。乙は、全てのコンテンツのバックアップを適宜維持する。甲と第三提供者はコンテンツのいかなる削除、訂正、破棄、損害、損失、または保存またはバックアップ作成の失敗に対する責任を負わない。乙は、甲と第三提供者が本契約または本契約に基づくサービスを提供するために必要なコンテンツの使用を許可するすべての必要な権利を 乙が有していることを表明および保証する。